自分に合った医療に勤め、多様な知識を得よう

医療と言っても多くの職種があり、働く内容、時間も様々である。ハードな仕事なので自分がどう働きたいかをしっかりと見つめてから決めると良いだろう。

働く時間で考えたい人におすすめの職種を紹介する。朝方早く働いて夕方の時間に余裕が欲しい人は薬剤師や栄養管理士等の裏方がおすすめである。1日の事前準備を開院前にする為、朝はかなり早くなるがその分午後以降の負担が減る。

子供の迎えの時間が欲しい等、日中に数時間だけと言う細かい休みを取りたい人は介護系がおすすめである。患者の方1人1人に担当が付くため、自分の担当の人が居ない時間で有れば数時間休みを取ってまた仕事に戻ると言った仕事合間の休みを取る事が可能なのだ。

夜に働きたいと言う人は看護士がおすすめだ。大きな病院で有れば夜勤を募集している所が多いから夜だけ働く事も可能な職種なのだ。

しかしこの様に自分の生活に合った職種に就いたとしても、自分が就いている分野以外の医療分野について勉強をしておくのが良いだろう。例えば看護師だが看護師も医療現場に出れば内科、外科、循環器科等の特化した分野につく事となる。しかしその分野だけを扱っている個人病院なら大丈夫だが、幾つもの分野を扱っている大きな病院に勤める際は他の分野の手伝いをしに行く事が多々ある。特に心療系の分野は医師が相手と出来るだけ目を離さずに話した方が良いと判断される場合が多く、常に他の作業を同時進行する為の補助に看護師が付く。その看護師は専門で付いている人もいるが多くは他の分野から手伝いに来ている人である。こういった事例はどの職種にも多く見られるので意識しておくと良いだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です